葛飾区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(葛飾区)―

海老澤 高憲 院長/えびさわ内科クリニック(青砥駅・内科)の院長紹介ページ

海老澤 高憲 院長

TAKANORI EBISAWA

体全体をトータルに診る総合内科の考えで、
何でもご相談いただけるホームドクターに

東京慈恵会医科大学に進学、大学院で研究を重ねて学位を取得。大学附属病院、青戸病院、葛飾医療センターで糖尿病や内分泌内科の疾患について数多くの症例を手がけ、2015年5月に『えびさわ内科クリニック』を開設、現在に至る。

海老澤 高憲 院長

海老澤 高憲 院長

えびさわ内科クリニック

葛飾区/青戸/青砥駅

  • ●内科
  • ●糖尿病内科
  • ●代謝内科
  • ●内分泌内科

患者さんと接する機会の多い医師に向いていた

海老澤 高憲 院長

私の実家は自営業をしていて、両親や親類の中に医療従事者がいたと言うわけではありません。それでも高校時代、医師を目指す友人に触発されたところがあって。もともと理系の勉強は得意でしたし、人と話をするのも好きでしたから、研究職よりも患者さんと接する機会の多い医師に向いているかな、と考えたんです。高校卒業後は東京慈恵会医科大学に進みましたが、在学中から内分泌代謝学に興味をもち、大学院で研究を重ねて学位を取得。大学附属病院、青戸病院、葛飾医療センターで糖尿病や内分泌内科の疾患について数多くの症例を手がけ、独立前の5年間は総合内科で救急医療に携わっていました。そして、医師となって20年という節目の2015年5月、押上線 京成本線駅 青砥駅 徒歩15分のこの場所に内科・糖尿病内科・内分泌内科の『えびさわ内科クリニック』を開設しました。

クリニックの「明るさ」は、患者さんの顔色や体調の変化を見逃さないため

海老澤 高憲 院長

当院は京成線「青砥駅」から歩いて15分ほどの住宅地にあります。開業にあたってこの場所を選んだのは、葛飾医療センターから徒歩10分ほどという立地が大きかったですね。今もクリニックの休診日(木曜日)に外来を担当しているのですが、症状によって精密な検査・専門的な加療が必要な場合には、患者さんをご紹介するなど連携を図っています。エントランスをお入りいただくと、窓からの日差しがあふれる明るく広々とした待合スペース、その奥に診察室、処置室などが続きます。実は設計の際にこだわったクリニックの「明るさ」は、患者さんの顔色や体調の変化を見逃さないためでもあるんです。スタッフ一同、来院される患者さんに寄り添った対応を心がけておりますので、お気軽にご来院いただければと思います。

患者さんの全身を診て総合的な診断をし、健康な状態へと導く

海老澤 高憲 院長

当院では私が専門とする糖尿病や内分泌疾患を中心に診療を行っていますが、何よりも患者さんの全身を診て総合的な診断をし、健康な状態へと導いていくことに重きをおいています。たとえば、大学病院をはじめとした規模の大きな病院では、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科…、という具合に臓器ごとに診療科目が分かれているケースが多くみられます。でも実際には、1つの臓器だけを患っている方はまれで、胃腸や心臓などいくつかのトラブルを抱えているという患者さんがほとんど。ですから「心臓は落ち着いたけれど、胃腸の調子がどうも…」といったことがないよう、体全体をトータルに診る総合内科の考えが必要なんです。当院にはCTなどの機器はありませんが、血液検査(血糖値、ヘモグロビンA1c)や甲状腺検査は、その日のうちに結果をお知らせすることが出来ます。また、結果が翌日以降となる検査についても、異常があった時点ですぐにお電話を差しあげますのでご安心ください。そしてもちろん当院では専門的な疾患に限らず、広く内科全般を診療しています。小さなお子さんの風邪、予防接種や健康診断など。何でもご相談いただけるホームドクターとして、地域の皆様の健康な毎日をサポートしたいと思っています。

適切な治療をすることによって、辛い症状は劇的に改善される

クリニックを受診するということは、患者さんが何らかの悩みを抱えていらっしゃるということ。ですから、どんな症状があるのかをお聞きすることはもちろん、これまでどんな病気にかかったことがあるのか、その方の職業やライフスタイルなども含めて、ゆっくりお聞きするようにしています。実は、患者さんご本人のストーリーをお話いただくのは、とても大切なこと。診察で分かるのは当日の様子だけですが、過去にさかのぼってお話をしていただくことで、その方の中にある問題点が見えて来ることもあるんです。たとえば、ホルモンの病気といわれる内分泌疾患は、女性の更年期や食べ過ぎなどとよく似た症状があって、「何だか調子が悪い」ままに放置されるケースが多くみられます。ただし、原因が特定されて正しい診断がなされ、適切な治療をすることによって、辛い症状は劇的に改善されます。体の不調、不快感が「長引く」ようでしたら、受診の目安。これまでに私が培った経験や知識をもって、皆様のお役に立てることがあれば幸いです。

これから受診される患者様へ

私がこの地域の医療に携わって10年あまり。以前は区の検診なども受診率が低い状態で、本当に具合が悪くなってから病院にかかる、という方が多くいらっしゃったように記憶しています。それが今では葛飾区や医師会の活動のおかげで、地域の皆様の健康に対する意識が高まったように感じますね。これからも地域に密着したクリニックとして、小さなお子さんからご高齢の患者さんまで、来院されるすべての方の健康をサポートしたいと考えています。当院は内科が専門ではありますが、どんな症状もまずご相談いただくことで、治療の橋渡しをすることができたら嬉しく思います。

※上記記事は2015.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

海老澤 高憲 院長 MEMO

内分泌代謝科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:カラオケ
  • 好きな本・愛読書:「考える血管」(児玉龍彦、浜窪隆雄・著)
  • 好きな映画:ヒューマン
  • 好きな言葉・座右の銘:正直に生きる
  • 好きな音楽・アーティスト:ビートルズ、スティービーワンダー
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『海老澤 高憲 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート