葛飾区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(葛飾区)―

鎌田 正幸 院長/かまた歯科クリニック(四ツ木駅・歯科口腔外科)の院長紹介ページ

鎌田 正幸 院長

MASAYUKI KAMATA

患者様とお会いしたときのカウンセリングを
大切にし、最適な治療を常にアドバイス

従兄弟が歯科医師と整形外科医で、2人の叔母にあたる方から、「歯科医大を受けてみないか」というススメで歯科医に。1999年に京成押上線四ツ木駅地域に『かまた歯科クリニック』を開院、現在に至る。

鎌田 正幸 院長

鎌田 正幸 院長

かまた歯科クリニック

葛飾区/東四つ木/四ツ木駅

  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●歯科

2人の叔母からのススメで「歯科医大」に合格し、地元で開業

鎌田 正幸 院長

従兄弟が歯科医師と整形外科医で、2人のお母様で私の叔母にあたる方から、「歯科医大を受けてみないか」と話を向けられたのがきっかけです。本当は英語に興味があり、ずっと文系のほうに進みたいと思っていたところなんですけどね。それが受けたら、たまたま受かっちゃったという……だからよく、「棚ぼた歯医者」って言われてるんです(笑)。
歯科・小児歯科・歯科口腔外科の 『かまた歯科クリニック』は、1999年に京成押上線四ツ木駅地域に開院しました。ここは私の実家で、地元も地元という場所であり、もともと私の家はこの街で百年続く染物屋を営んでいます。今は弟が家業を継いだ形になっていますが、妙なことに、私に対して、「継いでくれ」ということは少しもありませんでした(笑)。 医療というものを身近に感じて育ったわけではない、ということもあり、この職業を私自身は天職とは思ってはいません。しかし、だからこそ、相応の努力もしなければならないと思っています。 「ドクターだから…」という視点で患者さんと接するのではなく、より近く、より親身に感じていただける診療をおこなっていきたいと考えています。

「抜かない」「削らない」が当クリニックの基本方針

鎌田 正幸 院長

「抜かない」「削らない」というのが当クリニックの基本方針となります。その点で重要なのが最初にお会いした時のカウンセリングにあり、その際、「なぜお口の中がこうなってしまったのか」ということを充分に説明してさしあげるのが私たちの仕事だと考えています。
自分のカラダのことですから、自分で守ってあげないといけない。「なんでこうなるまで放っておいたの?」と怒る先生もいらっしゃると聞きますが、それは違う。自分のカラダをいたわり、常に見てあげること。その大切さをカウンセリングを通して感じていただければと考えています。

歯科医師の手による定期的な清掃でいつまでも健康な歯に

鎌田 正幸 院長

現在、105歳の方がクリニックにいらっしゃっていますが、これから言えるのは、歯を失うのは年齢ではない、ということです。しっかりとしたケアさえおこなっていれば、その年になっても歯は残していけるんです。
まずは初めのカウンセリングでご自分の状態をしっかりと理解していただく。そこから入らないことには、また同じことの繰り返しになりかねません。その次に必要になるのが、毎日の歯磨きを欠かさないこと、そして、歯科医師の手による定期的な清掃ということになります。いわゆる、PMTCがこれにあたりますが、その周期はその人の今の状態や体質によって違ってきます。汚れが付きやすいのか、はたまた付きづらいのか。歯石が付きやすいのか、それとも付きづらいのか。その人その人にとって最適な時期をこちらからアドバイスしていきます。 当クリニックにPMTCにいらっしゃる方は、どちらかというと皆さん、美容室に行くような感じなのではないでしょか。髪を切るような感覚で気楽にいらっしゃる方が多いように思われます。

同じ地域に住み、人間同士のおつきあいも

クリニックを構えて14年になりますから、本当、小さな時から見てきた方が社会人になったりしていて、「一緒に成長してきたんだなあ」という感慨を持つことがあります。中には、「僕、声優になるんです」と、報告というか、知らせに来てくれる子もいたりして、その意味においては、患者さんとしてではなく、人と人としてのお付き合いをさせていただいているのかなと思うことも多々あります。 私は、「歯医者らしくない歯医者」でありたいと願っているものであり(笑)、同じ地域に住むものとして、今後も、人間同士の付き合いを続けさせていただきたいと思っています。
地域柄というわけではないんですが、当クリニックには外国人の方が他と比べて多い傾向にあります。たまたま私が英語、それから中国語に不自由がないということが関係しているのかもしれないと思っていますが、他院さんから外国人の患者さんが紹介されてくることも少なくないんです。 小さい子の患者さんも多いことですし、ご希望があれば、英語や中国語のレッスンも交えた形の診療をおこなっていけたらと思っています。

これから受診される患者様へ

様々な方がいらっしゃいますが、中には歯を抜いて、そのまま放置されていた方がいらっしゃいます。そのケースでは、歯科医師に見られることを恥ずかしがったり、あるいは、「怒られるのがイヤ」ということも多いようです。
つい最近のことですが、30代の女性で、左右4本の歯がない状態で見えられ、ブリッジによる処置を施したことがありました。その女性は、「先生、太っちゃいました」と笑って仰られてましたね(笑)。歯がなかった時は満足に噛むことが出来ず、食べようにも食べられなかったということなんです。
先にも申しましたが、自分の健康は自分で守るものです。しかし、「痛いよ」と来られた時、あるいは、健康をついついないがしろにしてきたことに気づかれた時、手を差し伸べてあげられる1人でありたいと、私は思っています。

※上記記事は2013.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

鎌田 正幸 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:音楽活動(ギター&ヴォーカル)
  • 好きな本・愛読書:進化論
  • 好きな映画:ジャッキー・チェン 主演作品
  • 好きな言葉・座右の銘:多逢聖因
  • 好きな音楽:音楽全般(しいて挙げるとすると、レゲエです)
  • 好きな場所・観光地:ディズニーランド

グラフで見る『鎌田 正幸 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート