葛飾区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(葛飾区)―

新妻 喜一 院長/新妻歯科(新小岩駅・歯科)の院長紹介ページ

新妻 喜一 院長

KIICHI NITSUMA

地域に根差した歯科医院として
患者さんの大切な歯をしっかりと守る

大学卒業後、先輩が営む歯科医院でさまざまな症例を経験。勤務していた医院を継承する形で、「JR新小岩駅」北口に「新妻歯科」を開院。すっかり新小岩の人となりました。

新妻 喜一 院長

新妻 喜一 院長

新妻歯科

葛飾区/西新小岩/新小岩駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

手先の器用さを生かして「とことん納得いくまで」

新妻 喜一 院長

子供の頃髄膜炎で入院した時に命を救って下さった医師に憧れ、いつか自分もという気持ちが芽生えました。
もともと細かい作業が好きで、プラモデルを作り始めると時間も忘れ没頭してしまうような子供でしたね。手先が器用と誉められとても嬉しかった事が、歯科医師の道へ進む原点になっているのかもしれません。
自分の持ち味を最大限生かせるのは歯科医師以外にはないと考えました。歯科は細かい作業の積み重ねですが、「とことん納得いくまで」をモットーに治療に向き合っています。

患者さんとの信頼関係を大切に、患者さん目線で診療をおこなう

新妻 喜一 院長

1987年の開院から30年あまり。地域に根差した歯科医院として、常に患者さんの目線に立ち、口腔ケアを通して生活の質が向上するような治療を心がけてきました。30年の間には、親子三代に渡り長くお付き合いさせて頂いている患者さんも多く、そうした患者さん一人一人を身内の様に感じ、治療後の安心した笑顔に喜び感じています。「とことん納得いくまで」日々丁寧な治療を心掛け「生涯勉強」という真摯な気持ちで診療にあたっています。

根管治療を中心にした治療で、患者さんの大切な歯を守る

新妻 喜一 院長

当院では、虫歯や歯周病の治療、予防歯科など幅広い診療をおこなっていますが、私が最も力を注いでいるのは「根管治療」と言われるものです。根管治療とは、歯の根っこの部分の治療で、例えるならば「建築物の基礎工事」ということになるでしょうか。家を建てるのと同じように、基礎となる土台がしっかりしていなければ、長持ちする治療はできません。そのため、たとえどのような治療をする場合にも、土台となる部分の治療を徹底し、丈夫な土台ができたことを確認してから、被せ物や入れ歯づくりといった次のステップに進むようにしています。
こうした歯科治療には、保険が適用となるもの、自費診療となるものがありますけれど、私から何か1つの治療を強制するようなことはありません。保険であろうと自費であろうと、患者さんのためにベストを尽くす、それが私のモットーでもあるのです。いずれにしても、自分が手がけた治療がダメになるほど悲しいことはありませんからね。歯科医師としての自覚、良い意味でもプライドをもって、その方にとってベストな治療をしたいと思います。

患者さんの大切な歯を守るため、治療に伴う痛みにも配慮

今は歯科の技術も進歩して、インプラントや入れ歯といった人工物のクオリティも随分と高くなりました。それでもやはり、人が本来もつ天然の歯に勝るものはありません。そのため、大切な歯をなるべく削らない、患者さんへの負担を少なくというのは、日々の診療の中で常に心がけていることです。
当院ではレーザーを歯周病治療に活用しているほか、患者さんの痛みに配慮して麻酔の注射にもたくさんの工夫をしています。電動の麻酔器を導入し、無痛針と言われる細い針を使って、なるべく患者さんが痛みを感じないようにと、ゆっくりと時間をかけて麻酔をします。実際に、患者さんからは「まったく痛くない」と喜んでいただくことも多いのですけれど(笑)。これからも新しい技術で良いものがあれば積極的に取り入れて、みなさんに喜んでいただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『新妻歯科』は、JR「新小岩駅」北口から徒歩2分の場所にあります。人間は、体の入り口(口腔)と出口(直腸・肛門)が悪くなると、長生きできません。ですから、お口の健康を守るためにも、毎日の正しいブラッシングで歯周病を予防し、歯科医院での定期ケアを心がけていただきたいと思います。そしてもしも、何か気になる症状がありましたら、どうかお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

新妻 喜一 院長 MEMO

  • 出身地:福島県いわき市
  • 趣味・特技:ゴルフ、靴磨き、動物好き(犬のパグ)
  • よく手にとる本・好きな本:歯学専門書、サイエンス本、漫画、SFの本
  • 好きな映画:「スターウォーズ」「チャーリーとチョコレート工場」「メン・イン・ブラック」
  • 好きな音楽やアーティスト:ジャズやボサノヴァ、アントニオ・カルロス・ジョビン、マイケル・ジャクソン
  • 好きな場所や観光地:本屋さん、自宅、神戸の六甲山、東京タワー
  • 好きな言葉・座右の銘:「無知の知」

グラフで見る『新妻 喜一 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート